3DOの買取

レトロゲームの中の一つとして3DO REALというものがあります。これは当時の松下電器産業(現パナソニック)が販売したゲーム機です。これは松下が独自開発したものではなく、アメリカのゲーム会社であるThe 3DO Companyが開発したマルチメディア端末機を松下がライセンス契約を結んで製造と販売とを行いました。

The 3DO Companyというのは自社ではゲームを製造せずに他者とライセンス契約を結ぶことでゲーム機やソフトを作らせゲーム本体やソフトの売り上げでロイヤリティを徴収するという珍しい営業形態をとっていました。そのため、松下だけでなく当時の三洋電機(現在はパナソニックの子会社)もライセンス契約を結ぶ3DOの販売を行っていました。

買取価格このようなロイヤリティが搾取される営業形態をとっていたため、3DOはゲーム機本体の価格が高く競合他社のゲーム機の2倍もの価格で販売されていました。また、アメリカの企業が開発したげ0向きであるために日本で販売されたソフトもあまり受け入れられませんでした。そのためヒット作品に恵まれず販売開始から2年で市場から消えてしまったのです。

このような経緯があり、今ではレアなゲーム機として3DOは意外とニーズがあります。そのため買取価格も高いですし、壊れてしまっているものでも買い取ってくれるというお店もあります。壊れているものでも買い取ってもらえるケースもありますからぜひ手元に3DOがあるという人は買い取ってもらうことを検討してみましょう。

【関連HP】3DOゲーム買取|買取コレクター

レトロゲーム買取

レトロゲームがブームとなっていることで、手元に持っているレトロゲームを買取査定に出そうと考える人も少なくありません。自分の家にあっても使わないものであれば、ゲームが好きな人の元に渡る方がゲームにとっても幸せですし持ち主は買い取ってもらうことで手元にお金も入りますから、お互いにとって良いことです。しかし、せっかく買取に出すならば少しでも高く買い取ってくれるところに出したいと思うのが当然のことです。

買取レトロゲームの買取というのは色々なところで行われています。リサイクルショップでも買取をしてくれますし、最近ではレトロゲームの専門店もあります。たくさんあるショップの中から少しでも高く買い取ってもらいたいと思ったら、リサイクルショップに持ち込むのは避けましょう。リサイクルショップの場合には価値や相場が理解できずニーズの高いソフトでも安値で買われてしまうことがあるためです。

その点ではレトロゲーム専門店は相場や人気ゲームを理解した上で買い取ってくれるのでかなり買取価格が期待できます。とはいってもレトロゲームの専門店でもいくつかお店がありますから、しっかりと色々なお店を吟味して少しでも高く買い取ってくれるお店や対応の良いお店を選ぶことが重要です。

次頁:3DOの買取

レトロゲームとは

レトロゲーム昭和時代に流行をしたレトロゲームというのは最近再ブームが起きており、中古市場が活性化しています。具体的にレトロゲームというのは1980年代から1990年頃までに流行した一昔前のゲーム機です。最近のゲームのような通信機能がないですし行動範囲も限られていますし映像も荒いものです。

このような一昔前のゲームがなぜ流行しているかというと、このようなゲームの続編やリメイク版が多く発表されているという理由があります。かつて大手メーカーでクリエイターとして働いていた人たちが独立をしてその当時作っていたゲームをリメイクしたり続編製作をしたりしているのです。こういったことから当時レトロゲームを楽しんでいた人がもう一度取り組みたいと考えたり、リメイク版や続編をプレイした若者が初代のゲームを楽しんでみたいと考えたりすることで需要が高まっています。

このようなレトロゲームを利用するにあたって気になることが古いゲームがプレイできるのかということです。これについては過去に大流行したゲームたちも特許権が切れているためにゲームメーカー各社がリーズナブルに購入できる互換機の発売をしています。そのために過去のソフトを楽しめる環境が整っており、これもゲームがブームとなっている背景としてあります。最近ではこのブームは日本にとどまらず、外国のゲーム好きも日本のレトロゲームに興味を示しており、外国人観光客がゲーム店を訪れて大量購入するという場面も出てきているほどブームは盛り上がっているのです。

次頁:レトロゲーム買取